今、見えない矯正マウスピース矯正インビザラインが熱い!

 

見えない矯正として営業や接客業の方から人気を博するマウスピース矯正インビザライン。

とはいえ、マウスピースだと治療期間が長くなるんじゃ、、?どれぐらい着用しないといけないの?など気に気になりますよね。

その他にも治療時間に伴って費用は変わるのかなど、インビザラインを真剣に検討しているからこそ湧いてくる疑問に答えていきたいと思います!

インビザラインとは

マウスピース矯正の一種で90カ国以上の国で導入されている矯正方法で、オーダメイドのマウスピースを段階ごとに付け替えることで歯を矯正します。透明なマウスピースを着用するので見えない矯正と言われています。

インビザラインの着用時間は?

基本的に食事をしている時や歯を磨いている時以外、だいたい1日20時間以上着用します。

ブラケット矯正が1~2週間に一回通院が必要なのに対し、インビザラインは、1〜3ヶに一度の通院が一般的。マウスピースは、自分で取り外しできるので付け替えは2週間に一回自分で行います。

インビザラインの治療期間

着用を初めて1年くらいで一年ぐらいで徐々に効果が見られ、早い人は1年から2年、一般的には2〜3年かけて直していきますが、症状次第というのが正直なところです。

しかし、インビザラインの開発・製造者元のアイライン社が治療プログラムの最長期間を5年と定めており、通常のインビザラインは5年以内に治療が終了するようにプラグラムされています。これはブラケット矯正との大きな差でブラケット矯正には最長期間は設けられていません。

治療期間によって費用は変わるの?

外科治療を伴う治療以外は歯科矯正は自費診察なので、これはクリニックによって異なります。初期費用の価格を低めに設定している代わりに治療期間により料金が変動するところや、一括で治療期間に関係なく料金が一定のところもあります。

マウスピース矯正は自分で取り外しができる分、本人の意思が強くないと続けることが難しい矯正です。クリニックによっては、患者さんにはやく治療を終えてもらうためのモチーベションを上げるという意味で都度払いにしているところもあります。

 

↓他の矯正とはどう違うの?という方はこちら

各種矯正器具の特徴・費用を徹底比較![表側矯正/裏側矯正(リンガル矯正)/マウスピース矯正インビザライン]

↓市販のマウスピースとインビザライン徹底比較!

市販のマウスピース矯正ってどうなの?効果は?メリットとデメリットまとめました!

The following two tabs change content below.
みか
こんにちは、ライターのみかです。別名チョコホリック(チョコ中毒)です。食べること大好きで、チョコ以外もエビと貝類以外なんでも好きです。今はメディアに興味津々で、リバフクで楽しく活動してます。